春ぞきしむも
山中智恵子さんを悼む



2006年3月9日、山中智恵子さん逝去。80歳。
自宅は鈴鹿市寺家。生の深遠を掘り下げる幻想的な作風。
その山中さんと連歌の会にご一緒させていただいたのは、
2004年5月3日、東京・山の上ホテル。
紫づくしのきもの姿の前に緊張した。

その時、いただいた色紙は、
「くれなゐの雨降るこゝろはる乃雨老いにけらしな老いさざらめやも」。




●訪ひがたき夜に
あかときの虚空日月さみなしにみずかありなむ春ぞきしむも
この春のかなしくなりてうたはざる<義>てふこころのありかを問へば
くれなゐの雨よいづくに降るらむかその書の墨の淡き流れに
ゆきあひし夕べの陰に哭きぬれてさみしき巫女のいづこへたちぬ
三輪山の月に語らむひたぶるに行きてかなしくきひとはいひける
●古国の河は流れ
訪ひがたき夜に急ぎぬ急ぐべし古国の河は流れゆくはも
春の夜の吉野に放つ群鳥の啼きて叫べば花散りゆかむ
水甕に朝の光を詰めはこぶからくれなゐの夢を抱きて
水髪のなびく夕べにさまよひてやまとの恋の苦しくありむ
なぜかまうかなしきまでに日の暮れてやまとの歌にいだかれ睡る
●夢に醒めざれ
いつの日か蛍をさがしゆく者を殺め血しぶく夢のなかなる
この春は哀しく暮れてスーパーに三つ葉芹など買ひにゆくかな
乱声(らんじよう)の夕べにあれば春さむしなれど歌へと君はいふはも
母が夜に鼓かなしく打ちおりて涙を拭うわれと妹
春の雨わが身を穿ちゆくからにいまひとたびの夢に醒めざれ
●転がす手毬よ
その初夏の光充ちたる座につきてうららほめくと山中智恵子
老いざらめ笑ひてゆくも飛鳥路の風の流れの冷たき日暮れ
姉上は行方知れずも衣笠の酒亭(みせ)をたたみて笑いおりたり  
われ悪王子町に住み明日もまた悪のかぎりに転がす手鞠
怨むことなかれと春の雨なればうたたこころに何を告げなむ

▲INDEX▲