資料(過去データ)

■ 平成25年度 長野県美術教育研究会 事業計画


(平成25年4月27日代議員会にて)
  1. 第67回長野県美術教育研究大会「上小大会」・期  日  :平成25年11月8日(金) 
    ・授業会場  :くるみ幼稚園・田中小学校・北御牧小学校・東部中学校・上田養護学校・上田染谷丘高等学校
    ・全体会会場 :東御市文化会館サンテラスホール
    ・参加費   :3,000円
    ・懇親会会場 :JA会館 ラ・ヴェリテ
  2. 長野県美術教育研究会「沿革史第3巻」の編集
  3. 第64回長野県児童生徒美術展の開催
    (1) 実施要項   各支部の代議員が本会ホームページよりダウンロードして、印刷・配布する。
    (2) 審査期日   各支部にて10月上旬から審査会を設け、諏訪大会には代表作品を出品。
    (3) 入選点数   要項を参照
    (4) 賞状     信濃毎日新聞社から寄贈された賞状を渡す。
    (5) 展覧会
           ・ 地区展   各地区ごとに計画し実施する。
           ・ 選抜展   諏訪大会会場にて実施する。
           ・ ブロック展 県大会展示の作品をまとめ、ブロックごとに展示。

  4. 会報の発行(年2回)
    (1) 8月「第98号」本会事務局編集
      ・新旧会長挨拶 ・本会事業計画 ・本年度の研究の方向 ・県大会一次案内
      ・会員名簿 ・本会支部役員名簿 ・支部活動会員の声 実践等
    (2) 2月「第99号」大会事務局編集
      ・県大会報告を記載し、代議員を通して会員に配布

  5. 夏期実技研修 絵画講座・講師 山本文彦先生    期日 8月5日(月)〜8月7日(水)
    ・場所 信濃教育界生涯学習センター 安曇野
    ・主催 長野県美術教育研究会 信濃教育界
    ・担当 本会事務局(研修・夏期講座・他機関 係)  
  6. 会員募集と名簿の作成・ 会員名簿は、会報「第98号」の綴じ込みで支部役員なども合わせて掲載。
    ・ 規約改正により、美術館・博物館関係者も積極的に会員に迎えていく。
     本会は、単なる同好会ではなく児童生徒美術展の審査及び展覧会の開催等で直接児童生徒につながっている。

  7. 研究推進委員会(1) 第67回長野県美術教育研究大会「上小大会」に向けて
      ・本会研究推進委員と長野支部研究部および授業研究係、授業者で連絡をとりながら進める。
       事前・本番研究授業、研究の成果と課題の明確化等、充実を図る。
       校種別担当者を中心に事前研究会に参加し、研究面での援助。
    (2) 研究推進委員会
       第1回 5月25日(土)  会場:東御市立田中小学校
       第2回 7月27日(土) ※4月27日時点では期日未確定
       第3回 1月11日(土) ※4月27日時点では期日未確定
    (3) 大会参加
       第67回 長野県美術教育研究大会 上小大会 11月8日(金)
       第53回 関東甲信越静地区造形研究大会茨・城大会 11月14日(木)・15日(金)
       第66回 全国造形教育研究大会・東京大会 11月28日(木)・29日(金)
    (4) 第8回東京都図画工作研究会・長野県美術教育研究会合同研修会
       期日:未定 場所:東京都
  8. 代議員会および支部長会の開催予定(1) 4月27日(土)…支部長会、本年度の事業計画、役員等の確認
    (2) 11月9日(土)…大会速報ならびに来年度大会について(上小大会翌日)
    (3) 2月22日(土)…支部長会、県大会の反省、本年度事業の反省、次年度大会の方向。

  9. ホームページの充実と活用・県内の会員の活動や児童生徒作品の紹介をはじめ内容を充実させる。
    ・要項のダウンロードにより、郵送に関わる業務や費用も削減できる。各支部の印刷費は事務局で補償する。
    ・県外美術教育団体との情報交換の場として長野県美術教育研究会事業及び研究を全国に発信する機会とする。
  10. 県外各大会への参加とその呼びかけ(1) 第66回全国造形教育連盟研究大会・東京大会[平成25年11月14日(木)・15日(金)]
    (2) 第53回関東甲信越静地区造形教育連合研究大会:茨城大会 in 所沢[平成24年11月8日(木)・9日(金)]

■ 平成24年度 長野県美術教育研究会 事業計画


(平成24年5月17日代議員会にて)
  1. 第66回長野県美術教育研究大会「諏訪大会」・期日 平成24年11月9日(金) <諏訪養護学校は9月19日(水)>
    ・授業会場  信州玉川どんぐり保育園・永明小学校・湖東小学校・東部中学校・諏訪養護学校
    ・会場 全体会:茅野市民館(マルチホール)
    ・参加費   3,000円
  2. 長野県美術教育研究会「沿革史第3巻」の編集
  3. 第63回長野県児童生徒美術展の開催
    (1) 実施要項   各支部の代議員が本会ホームページよりダウンロードして、印刷・配布する。
    (2) 審査期日   各支部にて10月上旬から審査会を設け、諏訪大会には代表作品を出品。
    (3) 入選点数   要項を参照
    (4) 賞状     信濃毎日新聞社から寄贈された賞状を渡す。
    (5) 展覧会
           ・ 地区展   各地区ごとに計画し実施する。
           ・ 選抜展   諏訪大会会場にて実施する。
           ・ ブロック展 県大会展示の作品をまとめ、ブロックごとに展示。

  4. 会報の発行(年3回)
    (1) 8月「第96号」本会事務局編集
      ・新旧会長挨拶 ・本会事業計画 ・本年度の研究の方向 ・県大会一次案内
      ・会員名簿 ・本会支部役員名簿 ・支部活動会員の声 実践等
    (2) 9月「第97号」大会事務局編集
      ・県大会案内を記載し、代議員を通して会員に配布
    (3) 2月「第98号」大会事務局編集
      ・県大会報告を記載し、代議員を通して会員に配布

  5. 夏期実技研修 絵画講座・講師 山本文彦先生    期日 8月6日(月)〜8月8日(水)
    ・場所 信濃教育会館
    ・担当 長野支部他
  6. 会員募集と名簿の作成・ 会員名簿は、会報「第96号」の綴じ込みで支部役員なども合わせて掲載。
    ・ 本会は、単なる同好会ではなく児童生徒美術展の審査及び展覧会の開催等で直接児童生徒につながっている。
     さらに、毎年全県的な視野で研究大会を開催し指導研究を積み重ねてきている。
  7. 研究推進委員会(1) 第66回長野県美術教育研究大会「諏訪大会」に向けて
      ・本会研究推進委員と長野支部研究部および授業研究係、授業者で連絡をとりながら進める。
       事前・本番研究授業、研究の成果と課題の明確化等、充実を図る。
       校種別担当者を中心に事前研究会に参加し、研究面での援助。
    (2) 研究推進委員会
       第1回 5月27日(日)   湖東小学校
       第2回 7月28日(土)
       第3回 1月12日(土)
    (3) 第7回東京都図画工作研究会・長野県美術教育研究会合同研修会
      期日:未定 場所:上小地区
  8. 代議員会および支部長会の開催予定(1) 5月12日(土)…支部長会、本年度の事業計画、役員等の確認
    (2) 11月10日(土)…大会速報ならびに来年度大会について(諏訪大会翌日、永明小学校)
    (3) 2月23日(土)…県大会の反省、本年度事業の反省、次年度大会の方向。

  9. ホームページの充実と活用・県内の会員の活動や児童生徒作品の紹介をはじめ内容を充実させる。
    ・要項のダウンロードにより、郵送に関わる業務や費用も削減できる。各支部の印刷費は事務局で補償する。
    ・県外美術教育団体との情報交換の場として長野県美術教育研究会事業及び研究を全国に発信する機会とする。
  10. 県外各大会への参加とその呼びかけ(1) 第65回全国造形教育連盟研究大会・沖縄大会[平成24年8月1日(水)〜3日(金)]
    (2) 第52回関東甲信越静地区造形教育連合研究大会:埼玉大会 in 所沢[平成24年11月8日(木)・9日(金)]


■ 平成23年度 長野県美術教育研究会 事業計画


(平成23年4月23日代議員会にて)
  1. 第65回長野県美術教育研究大会「塩筑・木曽大会」・期日 平成23年11月18日(金) 日の出保育園・桔梗小学校・広陵中学校・木曽養護学校
    ・会場 全体会:レザンホール
  2. 長野県美術教育研究会「沿革史第3巻」の編集
  3. 第62回長野県児童生徒美術展の開催
    (1) 実施要項   各支部の代議員が本会ホームページよりダウンロードして、印刷・配布する。
    (2) 審査期日   各支部にて10月上旬から審査会を設け、更埴大会には代表作品を出品。
    (3) 入選点数   要項を参照
    (4) 賞状     信濃毎日新聞社から寄贈された賞状を渡す。
    (5) 展覧会
           ・ 地区展   各地区ごとに計画し実施する。
           ・ 選抜展   大会会場にて実施する。
           ・ ブロック展 県大会展示の作品をまとめ、ブロックごとに展示する。

  4. 会報の発行(年3回)
    (1) 7月「第93号」本会事務局編集
      ・新旧会長挨拶 ・本会事業計画 ・本年度の研究の方向 ・県大会二次案内
      ・平成23年度各支部教育課程図工美術科研究テーマ等一覧表
      ・会員名簿 ・本会支部役員名簿 ・支部活動会員の声 実践等
    (2) 9月「第94号」大会事務局編集
       県・全国・関ブロ大会案内を掲載し、代議員を通して会員に配布する。
    (3) 2月「第95号」大会事務局編集
       県・全国・関ブロ大会報告を掲載し、代議員を通して会員に配布する。
  5. 夏期講習・講師 山本文彦先生    期日 8月 日( )〜8月 日( )
  6. 会員募集と名簿の作成・ 会員名簿は、会報「第93号」の綴じ込みで支部役員なども合わせて掲載する。
    ・ 本会は、単なる同好会ではない。児童生徒美術展の審査及び展覧会の開催等で直接児童生徒につながっている。さらに毎年全県的な視野で研究大会を開催し指導研究を積み重ねてきている。
  7. 研究推進委員会(1) 第65回長野県美術教育研究大会「塩筑・木曽大会」に向けて
    (2) 研究推進委員会
       第1回 6月5日(日)
       第2回 7月30日
       第3回 1月14日
    (3) 全県研究テーマ設定委員会
    (4) 第6回東京都図画工作研究会・長野県美術教育研究会合同研修会
      期日:未定 場所:東京
  8. 代議員会の開催(1) 4月23日(土)…本年度の事業計画、役員等の確認
    (2) 11月19日(土)…大会速報ならびに来年度大会について
    (3) 2月25日(土)…県大会の反省、本年度事業の反省、次年度大会の方向。

  9. ホームページの充実と活用・県内の会員の活動や児童生徒作品の紹介をはじめ内容を充実させる。
    ・要項のダウンロードも可能になり、郵送に関わる業務や費用も削減できる。各支部の印刷費を保障する。
    ・県外美術教育団体との情報交換の場として長野県美術教育研究会事業及び研究を全国に発信する機会とする。
  10. 県外各大会への参加とその呼びかけ(1) 第64回全国造形教育連盟研究大会・北海道大会[平成23年7月26日(火)〜28日(木)]
    (2) 第51回関東甲信越静地区造形教育連合研究大会:新潟大会[平成23年8月4日(木)・5日(金)]



■ 平成22年度 長野県美術教育研究会 事業計画


(平成22年4月24日代議員会にて)
  1. 第64回長野県美術教育研究大会「長野上水内大会」・期日 平成22年11月12日(金) 長野幼稚園、湯谷小学校(中・高学年)、柳町中学校、長野養護学校朝陽教室
    ・会場  全体会:信濃教育会館
         レセプション:犀北館
  2. 長野県美術教育研究会「沿革史第3巻」の編集
  3. 第61回長野県児童生徒美術展の開催
    (1) 実施要項   各支部の代議員が本会ホームページよりダウンロードして、印刷・配布する。
    (2) 審査期日   各支部にて10月上旬から審査会を設け、更埴大会には代表作品を出品。
    (3) 入選点数   要項を参照
    (4) 賞状     信濃毎日新聞社から寄贈された賞状を渡す。
    (5) 展覧会
           ・ 地区展   各地区ごとに計画し実施する。
           ・ 選抜展   県大会会場(戸倉創造館)にて実施する。
           ・ ブロック展 県大会展示の作品をまとめ、ブロックごとに展示する。

  4. 会報の発行(年3回)
    (1) 7月「第90号」本会事務局編集
      ・会長挨拶 ・本会事業計画 ・本年度の研究の方向 ・県大会案内
      ・平成22年度各支部教育課程図工美術科研究テーマ等一覧表
      ・会員名簿 ・本会支部役員名簿 ・支部活動会員の声 実践等
    (2) 9月「第91号」大会事務局(更埴支部)編集
       県・全国・関ブロ大会案内を掲載し、代議員を通して会員に配布する。
    (3) 2月「第92号」大会事務局(更埴支部)編集
       県・全国・関ブロ大会報告を掲載し、代議員を通して会員に配布する。
  5. 夏期講習・講師 山本文彦先生    期日 8月8日(日)〜8月10日(火)
  6. 会員募集と名簿の作成・ 会員名簿は、会報「第90号」の綴じ込みで支部役員なども合わせて掲載する。
    ・ 本会は、単なる同好会ではない。児童生徒美術展の審査及び展覧会の開催等で直接児童生徒につながっている。さらに毎年全県的な視野で研究大会を開催し指導研究を積み重ねてきている。
  7. 研究推進委員会第64回長野県美術教育研究大会「長野上水内大会」に向けて
    ・本会研究推進委員と更埴支部研究部及び授業研究係、授業者で連絡を取りながら進める。事前・本番研究授業、研究の成果と課題の明確化等、充実を図る。
    ・東京都図画工作研究会との合同研究会
    (1) 校種別担当者を中心に事前研究会に参加し、研究面での援助をしていく。
    (2) 研究推進委員会の日程<br>   第1回 6月12日(土)久保貞次郎コレクション展と、鈴石先生講演会
      第2回 7月または8月
      第3回 12月
    (4) 第5回東京都図画工作研究会・長野県美術教育研究会合同研修会
      期日:未定 場所:長野
  8. 代議員会の開催(1) 4月24日(土)…本年度の事業計画、役員等の確認
    (2) 11月13日(土)…大会速報ならびに来年度大会について
    (3) 2月26日(土)…県大会の反省、本年度事業の反省、次年度大会の方向。

  9. ホームページの充実と活用・県内の会員の活動や児童生徒作品の紹介をはじめ内容を充実させる。
    ・要項のダウンロードも可能になり、郵送に関わる業務や費用も削減できる。各支部の印刷費を保障する。
    ・県外美術教育団体との情報交換の場として長野県美術教育研究会事業及び研究を全国に発信する機会とする。
  10. 県外各大会への参加とその呼びかけ(1) 第63回全国造形教育連盟研究大会・福島大会[平成22年8月5日(木)・6日(金)]
    (2) 第50回関東甲信越静地区造形教育連合研究大会:静岡大会[平成22年8月9日(月)・10日(火)]
    ・分科会(8月10日)での提案等候補
    分科会テーマ 担当校種 提案者 助言者 司会者 記録者
    「みる」をきっかけにした創作意欲を高める導入 小学校 梅田 久仁
    (戸倉小)
    青木 正治
    (片丘小)
    酒井 重明
    (長地小)
    名取はるな
    (湯谷小)
    「みる」ことと言語活動を考える 小・中学校 長崎 至宏
    (吉田小)
    中平 紀子
    (戸倉上山田中)
    五明 良治
    (埴生中)
    清沢 龍美
    (丘中)
    大内奈美子
    (上松中)

  11. 今後の県大会開催地区について平成23年度 木曽・塩筑支部  →平成24年度 諏訪支部  →平成25年度 上小支部   →平成26年度 上高井・下高井支部



■ 平成21年度 長野県美術教育研究会 事業計画


  1. 第63回長野県美術教育研究大会「更埴大会」・期日 11月13日(金) 戸倉保育園、戸倉小学校(低・高学年)、戸倉上山田中学校、稲荷山養護学校
    ・会場  全体会:戸倉創造館
         レセプション:上山田ホテル
  2. 長野県美術教育研究会「沿革史第3巻」の編集平成22年度発行

  3. 第60回長野県児童生徒美術展の開催
    (1) 審査期日    各支部にて10月上旬から審査会を設け、更埴大会には代表作品を出品。
    (2) 展覧会
           ・ 地区展   各地区ごとに計画し実施する。
           ・ 選抜展   県大会会場(戸倉創造館)にて実施する。
           ・ ブロック展 県大会展示の作品をまとめ、ブロックごとに展示する。
    (3) その他
          ・実施要項については各支部の代議員が本会ホームページからダウンロードして、印刷・配布する。
          ・信濃毎日新聞社から寄贈された賞状を渡す。
  4. 会報の発行(年3回)
    (1) 7月「第87号」本会事務局編集
      ・会長挨拶 ・本会事業計画 ・本年度の研究の方向 ・県大会案内
      ・平成20年度各支部教育課程図工美術科研究テーマ等一覧表
      ・会員名簿 ・本会支部役員名簿 ・支部活動会員の声 実践等
    (2) 9月「第88号」大会事務局(更埴支部)編集
       県大会案内を掲載し、代議員を通して会員に配布する。
    (3) 2月「第89号」大会事務局(更埴支部)編集
       県大会報告を掲載し、代議員を通して会員に配布する。
  5. 会員募集と名簿の作成・ 会員名簿は、会報「第87号」の綴じ込みで支部役員なども合わせて掲載する。
    ・ 本会は、単なる同好会ではない。児童生徒美術展の審査及び展覧会の開催等で直接児童生徒に関わりをもち、さらに毎年全県的な視野で研究大会を開催し指導研究を積み重ねてきているため、図工美術教育に関心のある教師への会員募集を広く行う。
  6. 研究推進委員会(1) 第63回長野県美術教育研究大会「更埴大会」に向けて、本会研究推進委員と更埴支部研究部及び授業研究係、授業者で連絡を取りながら進める。事前・本番研究授業、研究の成果と課題の明確化等、充実を図る。
    (2) 校種別担当者を中心に事前研究会に参加し、研究面での援助をしていく。
    (3) 研究推進委員会の日程<br>   第1回 6月 7日(日)埴生中学校 深町修司先生の講演会
      第2回 8月 1日(土)事前研究、分科会関係者打ち合わせ
      第3回 12月
    (4) 第4回東京都図画工作研究会・長野県美術教育研究会合同研修会 期日:未定 場所:東京都
  7. 代議員会の開催(1) 4月26日(日)…本年度の事業計画、役員等の確認
    (2) 11月14日(土)…大会速報ならびに次年度大会(上水内・長野大会)について
    (3) 2月27日(土)…県大会の反省、本年度事業の反省、次年度大会の方向。

  8. ホームページの充実と活用・県内の会員の活動や児童生徒作品の紹介をはじめ内容を充実させる。
    ・要項のダウンロードも可能になり、郵送に関わる業務や費用も削減できる。各支部の印刷費を保障する。
    ・県外美術教育団体との情報交換の場として長野県美術教育研究会事業及び研究を全国に発信する機会とする。
  9. 県外各大会への参加とその呼びかけ(1) 第62回全国造形教育連盟研究大会・第49回関東甲信越静地区造形教育連合研究大会:千葉大会 
    ・期日 平成21年11月25日(水)・26日(木)・27日(金)
    ・テーマ別分科会での長野県担当
    校種 テーマ 提案者 司会者 助言者 記録
    小学校 自分なりの主題をもち、思いを深める表現活動(題材の工夫) 深澤由美子
    (開明小)
    井出 寿一
    (松川中央小)
    青木 正治
    (片丘小)
    徳嵩 博樹
    (三本柳小)

  10. 今後の県大会開催地区について平成22年度 上水内・長野支部  →平成23年度 木曽・塩筑支部  →平成24年度 諏訪支部  →平成25年度 上小支部



■ 平成20年度 長野県美術教育研究会 事業計画


  1. 第62回長野県美術教育研究大会「下伊那大会」・期日 9月22日(月) 飯田養護学校
        11月14日(金) 慈光幼稚園、松川中央小学校(4・6年)、高陵中学校(2年)
    ・会場  全体会・講演会:飯田創造館
         レセプション :天空の城「三宜亭」
  2. 長野県美術教育研究会「沿革史第3巻」の編集
  3. 第59回長野県児童生徒美術展の開催
    ・実施要項    各支部の代議員が本会ホームページからダウンロードして、印刷・配布する。
    ・審査期日    各支部にて10月上旬から審査会を設け、長野大会には代表作品を出品。
    ・入選点数    要項参照
    ・賞状      信濃毎日新聞社から寄贈された賞状を渡す。
    ・展覧会   (1) 地区展   各地区ごとに計画し実施する。
           (2) 選抜展   県大会・全国大会・関ブロ大会会場(若里文化ホール)にて実施する。
           (3) ブロック展 県大会展示の作品をまとめ、ブロックごとに展示する。
  4. 会報の発行(年3回)
    (1)7月「第84号」本会事務局編集
      ・新旧会長挨拶 ・本会事業計画 ・本年度の研究の方向 ・県大会二次案内
      ・各支部教育課程図工美術科研究授業テーマ等一覧表
      ・会員名簿 ・本会支部役員名簿 ・支部活動会員の声実践等
    (2)9月「第85号」大会事務局編集
       県・全国・関ブロ大会案内を記載し、代議員を通して会員に配布する。
    (3)2月「第86号」大会事務局編集
       県・全国・関ブロ大会報告を記載し、代議員を通して会員に配布する。
  5. 会員募集と名簿の作成・ 会員名簿は、会報「第84号」の綴じ込みで支部役員なども合わせて掲載する。
    ・ 本会は、単なる同好会ではない。児童生徒美術展の審査及び展覧会の開催等で直接児童生徒につながっている。更に、毎年全県的な視野で研究大会を行い、指導研究を積み重ねてきている。
  6. 研究推進委員会第62回長野県美術教育研究大会「下伊那大会」に向けて
    ・本会研究推進委員と長野支部研究部及び授業研究係、授業者で連絡を取りながら進める。事前・本番研究授業、研究の成果と課題の明確化等、充実を図る。
    ・東京都図画工作研究会との合同研究会
    (1)校種別担当者を中心に事前研究会に参加し、研究面での援助をしていく。
    (2)第1回研究推進委員会〔 6月 8日(日)高森中学校〕
      第2回研究推進委員会〔 8月〕
      第3回   〃   〔 12月〕

  7. 代議員会の開催4月26日(土)…本年度の事業計画、役員等の確認
    11月15日(土)…大会速報ならびに来年度大会について(下伊那大会にて)
    2月28日(土)…県大会の反省、本年度事業の反省、次年度大会の方向。

  8. ホームページの充実と活用・県内の会員の活動や児童生徒作品の紹介をはじめ内容を充実させる。
    ・要項のダウンロードも可能になり、郵送に関わる業務や費用も削減できる。各支部の印刷費を保障する。
    ・県外美術教育団体との情報交換の場として長野県美術教育研究会事業及び研究を全国に発信する機会とする。
  9. 県外各大会への参加とその呼びかけ(1) 第48回関東甲信越静地区造形教育研究大会「群馬大会」平成20年11月13日(木)・14日(金)
    (2) 「InSEA世界大会」記念全国図が工作・美術教育研究大会in大阪 平成20年8月3日(日)4日(月)
    (3) 夏期実技講習会  8月6・7・8日
    (4)mite!ながの展「美術館でおしゃべりしよっ。」への協力

  10. 今後の県大会開催地区について


■ 平成19年度 長野県美術教育研究会 事業計画


  1. 第61回長野県美術教育研究大会「安曇野大会」・期日 11月2日(金)
    ・会場  全体会・講演会・レセプション・代議員会:「ほりでーゆ〜」
          授業会場 幼稚園:穂高幼稚園
               小学校:三郷小学校(低学年・高学年)
               中学校:豊科南中学校
          講演会  奥村高明文部科学省教科調査官
     
  2.  第58回長野県児童生徒美術展の開催
    ・実施要項    各支部の代議員が本会ホームページからダウンロードして、印刷・配布する。
    ・審査期日    各支部にて10月上旬から審査会を設け、長野大会には代表作品を出品。
    ・入選点数    要項参照
    ・賞状      信濃毎日新聞社から寄贈された賞状を渡す。
    ・展覧会   (1) 地区展   各地区ごとに計画し実施する。
           (2) 選抜展   県大会・全国大会・関ブロ大会会場(若里文化ホール)にて実施する。
           (3) ブロック展 県大会展示の作品をまとめ、ブロックごとに展示する。
  3. 会報の発行(年3回)
    (1)7月「第81号」本会事務局編集
      ・新旧会長挨拶 ・本会事業計画 ・本年度の研究の方向 ・県大会二次案内
      ・平成18年度各支部教育課程図工美術科研究授業テーマ等一覧表
      ・会員名簿 ・本会支部役員名簿 ・支部活動会員の声実践等
    (2)9月「第82号」大会事務局編集
       県大会案内を記載し、代議員を通して会員に配布する。
    (3)2月「第83号」大会事務局編集
       県大会案内を記載し、代議員を通して会員に配布する。
  4. 会員募集と名簿の作成・ 会員名簿は、会報「第81号」の綴じ込みで支部役員なども合わせて掲載する。
    ・ 本会は、単なる同好会ではない。児童生徒美術展の審査及び展覧会の開催等で直接児童生徒につながっている。更に、毎年全県的な視野で研究大会を行い、指導研究を積み重ねてきている。
  5. 研究推進委員会第61回長野県美術教育研究大会「安曇野大会」に向けて
    ・本会研究推進委員と長野支部研究部及び授業研究係、授業者で連絡を取りながら進める。事前・本番研究授業、研究の成果と課題の明確化等、充実を図る。
    ・東京都図画工作研究会との合同研究会
    (1)校種別担当者を中心に事前研究会に参加し、研究面での援助をしていく。
    (2)第1回研究推進委員会〔 6月 3日(日)〕
    ・授業事前研究  ・分科会関係者打ち合わせ
        第2回研究推進委員会〔 8月〕
        第3回   〃   〔 12月〕
  6. 代議員会の開催4月28日(土)…本年度の事業計画、役員等の確認
    11月 3日(土)…大会速報ならびに来年度大会について
    2月23日(土)…県大会の反省、本年度事業の反省、次年度大会の方向。
  7. ホームページの充実と活用・県内の会員の活動や児童生徒作品の紹介をはじめ内容を充実させる。
    ・要項のダウンロードも可能になり、郵送に関わる業務や費用も削減できる。各支部の印刷費を保障する。
    ・県外美術教育団体との情報交換の場として長野県美術教育研究会事業及び研究を全国に発信する機会とする。
  8. 県外各大会への参加とその呼びかけ(1) 第47回関東甲信越静地区造形教育研究大会「東京大会」11月8日(木)・9日(金)への派遣と参加
    校種 テーマ 内容 提案者 助言者
    小学校 他者や世界とのかかわり 造形表現活動を通したかかわり合いから育つ力を考える。 中塚洋輔
    (三本柳小)
    黒澤増博
    (桔梗小)
    中学校 生活に生かそう 美術で学んだことが生活の中に生かされている。そんなことに気づけば、さらに生活が明るくなる。 森  崇
    (川中島中)
    五味一男
    (原中)
    (2) 第60回全国造形教育研究大会「熊本大会」11月14日(水)・15(木)・16(金)
    (3) その他各種大会・研修会の紹介
    ・ アメリア=アレナス氏 鑑賞教育ワークショップ 4月7日・8日  東御市芸術むら公園梅野記念絵画館・信濃美術館
  9. 今後の大会について(東信→北信→中信→南信)・平成20年度 下伊那大会・平成21年度 更埴大会


■平成18年度 長野県美術教育研究会 事業計画

  1. 第60回長野県美術教育研究大会「長野大会」 兼 2006第59回全国造形教育研究大会 兼 第46回関東甲信越静造形教育研究大会
  2. 第57回長野県児童生徒美術展
  3. 会報の発行(3回)
  4. 会員名簿の作成
  5. 第60回長野県美術教育研究大会「長野大会」にむけての研究推進委員会
  6. 代議員会の開催
  7. ホームページの充実と活用
  8. 県外各大会への参加と呼びかけ