長野県美術教育研究会会則

第1章 総則

  • 第1条 本会は長野県美術教育研究会という。
  • 第2条 本会は事務局を置く。
  • 第3条 本会は長野県の教育者並びに美術館・博物館関係者で組織する。
  • 第4条 本会は美術教育の研究と振興をはかる。
  • 第5条 本会の目的を達成させるために,次の事業を行う。
    1.  図画工作科・美術科の教材および指導の研究
    2.  学童展の審査および開催
    3.  県大会の開催
    4.  会報の発行
    5.  その他

第2章 構成および役員

  • 第6条 本会は各郡市美術教育研究会の連合体として組織する。
  • 第7条 本会に総会,代議委員会,常任委員会を置く。
  • 第8条 本会に次の役員を置く。
    1.  会長     1名
    2.  副会長   若干名
    3.  常任委員会 若干名
    4.  代議員各郡市 1名
    5.  監事     2名
    6.  事務局員  若干名
  • 第9条 役員の選出は次の方法による。
  •  
    1.  代議員は各郡市において互選により決定する。
    2.  常任委員は代議員会において選出する。
    3.  会長,副会長は会員の中から代議員会で推薦する。ただし,副会長の1名は県大会開催都市から推薦する。
    4.  監事は代議員会で選出する。
    5.  事務局員は会長の委嘱による。
  • 第10条 会長は代議員会にはかって顧問を推薦することができる。
  • 第11条 総会は年1回開催し,次の決定をする。
    1.  役員の承認
    2.  会則の改正
    3.  会計の承認
    4.  事業計画の承認
    5.  その他
  • 第12条 代議員は次の権限を持つ。
    1.  総会に変わって決議する
    2.  事業の決定
  • 第13条 常任委員会は本会の事業の計画推進をする。
  • 第14条 会長は本会を代表し,副会長は会長を補佐し,会長事故のあるときは,これに代わる。
  • 第15条 役員の任期は1年とし,再任することができる。

第3章会計

  • 第16条 本会の経理は会費およびその他の収入金による。
  • 第17条 会費は代議員会において決定する。
  • 第18条 会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

附則

  1. 昭和22年11月1日(第1回県大会)制定
  2. 昭和44年10月26日(第22回県大会)一部改正
  3. 昭和60年6月15日一部改正
  4. 平成6年9月10日研究推進委員会設置
  5. 平成11年度 各支部研究推進委員の選出
  6. 平成25年2月24日 一部改正

研究推進委員会

(1) 目的

長野県美術教育研究会の歴史的な歩みを踏まえて,図工美術科の基礎的・基本的内容を究明すると共に,教科研究の深化拡大を図り,会員相互の研修を高める。

(2) 任務

@研究計画の企画推進にあたり,会員相互の研究活動の活性化を図る。

A県大会における授業研究の分析と評価をして,その成果と課題をまとめ,次年度の大会につなげる。

B教科の基礎的・基本的内容の定着,研究の方向等の情報提供をし,各郡市における実践の充実を図る。

(3) 組織

会長委嘱により次のような構成をする。

@委員長は1名、副委員長は若干名。

A委員は幼,小,中,障害児,大学の各担当とする。

附則

  1. 平成18年4月29日 組織一部改正
  2. 平成21年4月26日 一部改正