◆ 第16回ながのキッズ造形フェスタ


クリックでpdfファイルを表示します。

期 日   平成28年10月16日(日)
      ※雨天時には屋外ブースの活動は中止する場合があります。 (中止の場合は、当日朝6:30頃にこのページでお知らせします。) 
       信濃美術館での鑑賞は、雨天でも実施します。

 時 間  開会式   8:50〜 9:00
       活 動   9:00〜11:50
       閉会式  11:50〜12:00

 会 場   長野市城山公園(噴水の周辺)・長野県信濃美術館

 内 容   以下のブースを開設しますので、それぞれご自由にご参加いただけます。
       ・石による造形          ・木による造形
       ・紙による造形          ・ダンボールによる造形
       ・金属の変身           ・布による造形
       ・おもちゃづくり          ・野外作品展示
       ・信濃美術館鑑賞        ・清泉短期大学担当ブース

 参加費   無料

 主 催   長野県美術教育研究会長野上水内支部


◆ 第15回ながのキッズ造形フェスタ



クリックでpdfファイルを表示します。

期 日   平成27年10月18日(日)
      ※雨天時には屋外ブースの活動は中止する場合があります。 (中止の場合は、当日朝6:30頃にこのページでお知らせします。) 
       信濃美術館での鑑賞は、雨天でも実施します。

 時 間  開会式   8:50〜 9:00
       活 動   9:00〜11:50
       閉会式  11:50〜12:00

 会 場   長野市城山公園(噴水の周辺)・長野県信濃美術館

 内 容   以下のブースを開設しますので、それぞれご自由にご参加いただけます。
       ・石による造形          ・木による造形
       ・紙による造形          ・針金による造形
       ・空き缶の変身          ・布による造形
       ・ろうによる造形          ・野外作品展示
       ・信濃美術館鑑賞        ・清泉短期大学担当ブース
       ・長野美術専門学校担当ブース
       
 参加費   無料

 主 催   長野県美術教育研究会長野上水内支部



 

◆ 『旅するムサビ』 in 岡谷・茅野  が開催されます。

右から、
長野県美術教育研究会
長野支部長   山岸 敬明
 同 事務局長 村上眞由美
 同 事務局  長崎 至宏
 秋晴れの中,親子で造形活動を楽しむ時間を提供することが出来ました。今回,10校の中学校美術部の生徒にスタッフとして関わっていただき,大変盛り上がりました。
ご協力ありがとうございました。
  第14回ながのキッズ造形フェスタ
   実行委員長 長崎 至宏


                         『旅するムサビ』 in 岡谷・茅野 が開催されます。
                         
                         ←クリックでpdfファイルを表示します。








 

◆ 第14回ながのキッズ造形フェスタ

第14回ながのキッズ造形フェスタ 大盛況でした!

 平成26年10月19日(日)、見事な秋晴れの下、『第14回ながのキッズ造形フェスタ』が開催されました。
 ご来場下さいました皆様、誠にありがとうございました。また、当日の運営に当たって、お手伝い下さった
各中学校美術部員の皆さん並びに保護者の皆様、本当にご苦労様でした。感謝いたします。
また、各ブースを担当された先生方、お疲れ様でした。
 当日は、のべ2000人のご来場をいただきました。
 各ブースでは、スタッフとして参加してくれた中学生の皆さんが、キッズたちのお世話をしてくれて、
キッズたちは、楽しそうに製作に集中していました。
 石のコーナー では、色々な大きさや形の石に、何色にも用意された絵の具で絵や模様などを
カラフルに描いていました。
 木のコーナー では、丸太を輪切りにしたものや、大小様々な木っ端をホットボンドで接着し、色々な動物
や造形物を形作っていました。
 紙のコーナー では、新聞紙で、ショッピングバッグのような紙袋をつくり、好きな絵や模様を描いていました。
 土のコーナーでは、陶芸を楽しんでいました。お茶碗やお皿など、実用的な器を作っていました。お子様より、
お父さんやお母さんの方が真剣な様子でした。
 空き缶の変身 では、発泡スチロールで原型をつくり、砂に埋没させた所に、高熱で溶かしたドロドロのアルミを流し込むという
本格的な鋳造作品を作っていました。信州大学教育学部美術科 元教授でいらした木村先生のお姿もみえました。
 風のコーナー では、色々な色や形の厚紙に願い事を書いては、一本の木の枝から放射状に張り巡らされた紐に、次々に貼り付け、
まるでチベットのタルチョーのようでした。
 水のコーナー では、透明のプラスチック容器に、色とりどりのゼリー(寒天)やカラフルなビーズ・ラメなどを入れ、水を注ぎ入れたところにふたをして、
スノードームのようなきれいでかわいらしい“水のキラキラドーム”ができあがっていました。
 美術館鑑賞 では、信濃美術館の学芸員の方の説明付きで、現在開催されている
『特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」(〜2014年12月7日(日))』の無料(高校生以下)鑑賞ツアーが行われました。
 長野美術専門学校のブースでは、白いハンカチにステンシルでワンポイントや模様を描き、世界に一つのオリジナルハンカチを作っていました。
 MOTTOアート委員会のブースでは、紙粘土に絵の具を練り込み、それを形作って、パステルカラーのかわいらしい動物やキャラクターを作っていました。

 つくった物は全て無料でお持ち帰り。 どのブースやコーナーも、お得感満載でした。
 何より、子ども同士が、親子が、ご家族が、目の前のあらゆる素材と造形活動を通して、
“造形の楽しさ”を共有しながら、コミュニケーションを深めていただけていたなら、スタッフとしても一番の収穫でありました。


       クリックでpdfファイルを表示します。

 期 日   平成26年10月19日(日)
      ※雨天時には屋外ブースの活動は中止する場合があります。 (中止の場合は、当日朝8:30頃にこのページでお知らせします。) 
       信濃美術館での鑑賞は、雨天でも実施します。

 時 間   開会式   8:50〜 9:00
       活 動   9:00〜11:50
       閉会式  11:50〜12:00

 会 場   長野市城山公園(噴水の周辺)・長野県信濃美術館

 内 容   以下のブースを開設しますので、それぞれご自由にご参加いただけます。
       ・石による造形          ・木による造形
       ・紙による造形          ・土による造形
       ・空き缶の変身          ・風による造形
       ・水による造形          ・野外作品展示
       ・信濃美術館鑑賞
       ・長野美術専門学校担当ブース
       ・ちびっこコーナー(Motto!アート委員会)

 参加費   無料

 主 催   長野県美術教育研究会長野上水内支部